嘱託産業医契約について-医療法人財団 厚生会
嘱託産業医契約について-医療法人財団 厚生会

産業医とは

事業所において労働者の健康の保持・増進を努め、衛生管理者とともに職場環境管理を行い、労働と健康の両立を図る職務を有する医師です。常時50名以上の労働者が働く事業所では、産業医を選任することが義務づけられています。

社員の健康は、本人のみならず企業にとっても大きな資産です。社員が元気で疾病にかからず、快適に働けるよう応援するのが産業医の役割です。

当センターでは産業医活動を積極的に行っております。

健康診断等を当センターで実施頂いていることを前提条件に、ご要望のあった事業所と産業医委託契約を結び、職場巡視や衛生委員会への出席を通じて事業所の労働者の健康保持・増進を図り、健康と労働の両立に寄与しております。また、従業員の職場復帰や業務転換などに対する健康面での助言を行います。経験豊富な産業医資格を有する当院の医師が保健師と共に助言を行います。

産業医基本委託契約料や安全衛生委員会の立ち上げや事業所のストレス・メンタルヘルス対策の相談なども承りますので、詳しくは健診センターへお問い合わせください。

ストレスチェックについて

「労働安全衛生法」という法律が改正されて、労働者が50人以上いる事業所では、2015年12月から毎年1回、この検査を全ての労働者に対して実施することが義務付けられました。古川橋病院健診センターでは、労働基準衛生法に基づくストレスチェックを受け付けております。ストレスチェックの実施、高ストレス者の面会、労働基準監督署へ報告書の署名捺印も行っております。

詳細に関しては、お問い合わせいただきますようお願いいたします。

TOP ▲