レディースデー|人間ドック・健診メニュー-医療法人財団 厚生会
レディースデー|人間ドック・健診メニュー-医療法人財団 厚生会

当センターでは毎週月曜日の午前中に、
レディースデーを実施しております。

当センターでは毎週月曜日の午前中にレディースデーを設けており、女性の受診者様により一層安心して受診していただける日をご提供しております。

当センターは女性スタッフが多く在籍しており、特に婦人科の健診はすべて女性医師、女性技師が担当させていただいております。

レディースデーにおすすめのオプション

子宮がん検査では、がんになる前の段階を診断できます。乳がん検査では、マンモグラフィにより精度の高い診断が可能です。
子宮がん、乳がんは比較的若い年齢から多い病気です。しかし、早期発見・早期治療により治りやすい病気でもあります。
通常の検査項目に加えレディースデーのオプションとしておすすめです。

乳がん検査

■ 視触診

■ マンモグラフィ検査

乳房を押し挟むように圧迫して撮影し、上下、左右からX線撮影を行います。乳房の中を鮮明に検査することができ、触っても判らないような小さなしこりを発見できます。

■ 超音波検査

超音波検査(エコー検査)は、乳房に超音波をあて乳房内の異常を検査します。わずかな色の濃度の違いで判断します。マンモグラフィでは、乳腺を白く映し出すので乳腺が発達している若い女性のマンモグラフィは白くなります。40歳以下の方は超音波検査の方が乳房の状態がわかりやすいといえます。

子宮頸がん検査

■ 子宮頸部細胞診

子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウィルス)という性経験によるウィルス感染が原因です。性経験のある女性はほぼ100%何らかのタイプのHPVに感染しているといわれていますが、 多くはそのまま発症することはありません。HPVの中で、約15種類ハイリスクと言われるタイプの持続性感染はがん発生へとつながる可能性があります。子宮頸がんは5~10年で発症するとされていますが、感染していても症状を自覚することが難しいため、感染のピークの20代から発症のピークの30代までの検診が非常に重要です。細胞診は、子宮頸部表面の細胞を綿棒などでこすりとって顕微鏡で調べます。痛みは少なく、短時間ですみます。20歳を過ぎたら2年に1度の受診をおすすめします。

受診日

毎週月曜日 午前  

▼下記に該当される方は乳がん検査及び一部検査を受けることができませんので、ご了承ください。

  マンモグラフィ 超音波検査
授乳中(断乳から6ヵ月)  × ×
妊娠中  ×  ×
生理中(痛みが強く出る場合がございます)  ◯  ◯
TOP ▲